薬の情報を管理する

ソーシャルワーカの皆さんです

近年では、製薬会社の中にMRというポジションが多く求められ、薬剤師も沢山採用されています。MRは、病院の医師や看護師、病院経営者などと深く結びついて、新薬に関する情報提供や、新薬を使ったあとのデータ収集などを主な業務としていますが、一般的な薬剤師の業務とは全くことなり、プレゼンテーション能力や話術、幅広い知識や雑学なども必要なポジションであることなどから、薬剤師の中には避ける傾向のある職業であるというのも本当のところです。もともと研究職ともいえる薬剤師が、営業に近い役割を果たさなければならないのですから、違和感があるのは当然でしょう。しかし、製薬会社にしてみれば、医師や看護師や、病院の経営陣を十分に説得できるだけの経験や実績が必要なのです。

そして、薬剤師の中には、経済的に高収入が必要でMRの求人に転職するというケースも見られます。製薬会社に所属しているため、調剤薬局に勤めている薬剤師に比べると、相当収入はアップします。そして、薬剤師ほど残業に追われるということもありません。そして、管理職へと出世するコースも用意されている求人ですから、将来的にも安定しています。むしろ薬剤師という仕事に限界を感じて転職先の求人を探している人にとっては、一度転職の機会にMRになることを試してみると良いでしょう。とにかく、転職後は新薬の情報をいち早く入手することが出来ますので、新薬情報を少しでも早く知りたいと考えている薬剤師にとっては、十分に遣り甲斐を感じることも出来る職業と言えるのです。